産経アプリスタ

ピックアップ

いまさら聞けない「ブルーライト」…スマホは体に悪いの?
ライフスタイル

専門家に聞く

いまさら聞けない「ブルーライト」…スマホは体に悪いの?

 昔からよく耳にする「ブルーライト」。パソコンやスマートフォンから青い光が出ていて、目によくないらしいという話はよく聞くけど、じゃあ、毎日使っているスマホは体に悪いのかしら?睡眠にも悪影響があると聞いたような…。

 実際のところどうなのか、専門の医師に聞いてみました。(取材:choco)


ブルーライトはにじむ光

 ブルーライトといえば、やはり目への影響が気になります。まずは眼科医の井手武さんに聞いてみましょう。

――そもそも「ブルーライト」とは?

 井手さん ブルーライトとは「青い光」のこと。人の目で見ることができる可視光の中で、波長の短い光を指します。

 パソコンやスマホのイメージが強いですが、太陽光にも含まれています。太陽光も大変強い光ですが、空気を通るうちに青い光が散乱してしまい、人が青い光を近くで直視することはないのです。ですが、スマホなどのブルーライトは目との距離が近いため、直視せざるを得ない環境になります。

ブルーライト

――ズバリ、目に悪いのでしょうか?

    井手先生2

 井手さん まず、ブルーライトに限らず、コンピューターを長時間使うと眼精疲労、ドライアイ、視力低下などを引き起こしやすいので注意は必要ですね。PCやスマホは目との距離が近いですから、負担が大きいのです。

 その上で、ブルーライトはまぶしく、光がにじみやすい特徴があります。証明はされていませんが、目が一生懸命にピントを合わせようと努力することで目が疲れるのでは、といわれています。また、ブルーライトそのものに瞳孔を縮める働きがあり、これによっても目が疲れるといわれていますね。

 ただ、目に悪いことばかりでもありません。ブルーライトは眠くなるホルモン(メラトニン)を抑制して、目をシャキッとさせたり、集中力を増したりする働きもありますから、仕事や受験勉強をするときには逆にいいのではないでしょうか?


――どう対策すれば?

 井手さん ブルーライトは、パソコンやスマホの背景を白や青にせず、暗い色を選べばほとんど出ませんよ。仕事をしている人は、パワーポイントやエクセルなどの資料の背景色を黒に変更してみてください。あとは、明るさを下げたり、ブルーライトカットのメガネやフィルターを使うことも効果的ですね。

 特に、子供には注意してあげてください。お年を召した人の目は光を通しにくく、自然のサングラスを持っていると解釈していいのですが、子供は目への刺激が強い。タブレットなどを見るときは遮断メガネをかけさせるべきです。パソコン、スマホ以外にも、LED(発光ダイオード)もブルーライトをたくさん放っているので注意が必要です。

南青山アイクリニック副院長、井手武さん
眼科医で医学博士。専門は角膜・水晶体・屈折矯正手術(レーシック)だが、日々患者さんの目の悩みに応えている。



眠れなくなるって本当?

 続いて気になるのは睡眠への影響。取材したのは、テレビなどでおなじみの杏林大学の古賀良彦教授です。


――ブルーライトは睡眠によくないのでしょうか。

    古賀先生2

 古賀教授 睡眠に影響を及ぼす可能性はあります。ブルーライトは自然光にも含まれる光。脳を起こすためにも昼間はないと困る光です。

 人間は朝、目に光が入ることで起き、夜に暗くなると眠くなるホルモン「メラトニン」が分泌されて眠りにつきます。ブルーライトの刺激を受けると、脳が昼間と勘違いしてメラトニンの分泌が抑制され、眠れなくなる。生活リズムを乱してしまう可能性が大きいのです。逆に、目を覚ましたり集中力を増すにはいい効果があります。

 また、ブルーライトが睡眠障害を引き起こすという直接の証拠ではないですが、興味深い実験があります。

 人の活動量を測る「アクチグラフ」という装置をつけてもらい、片方のグループには普段通り、寝る前にスマホを閲覧してもらい、もう一方のグループにはブルーライトを遮断してスマホを閲覧してもらう実験をしたところ、遮断していない人たちは午前中の活動量が少なくなることが分かりました。さらに4日間続けると、遮断していない人たちは寝ている途中で目が覚めたり、眠りが浅くなったりして、いい睡眠が維持できなくなってしまったのです。

――寝る前のスマホはよくないんですね

 古賀教授 見る距離で影響も変わるので、少し離れてPCやスマホを見ることが大事です。ブルーライトを遮断するメガネや、スマホの明るさをおさえるアプリなども意味があると思います。あとは夜、アロマや呼吸法などで緊張をほぐし、リラックスしながら眠るのがいいでしょう。

 それから、小さい子供にスマホを長時間見せてブルーライトを浴びさせると、元気に学校へ行けない心配が出てきます。これから育つ子供の生活リズムを崩さないためにも、遮断することが必要だと思います。外の自然光の中で生きるのが一番望ましいですね。


杏林大学医学部・古賀良彦教授
精神神経科。専門は統合失調症・うつ病の治療や不眠改善。他にも、アロマテラピーや食品の効果を科学的に検証し、脳の働きを分析する研究を行っている。

まとめ
 専門家の話を聞いて、ブルーライトのことが少しわかってきました。

 ■気をつける点・対策■
 ・長時間にわたってPCやスマホを閲覧する際には、休憩を挟むか、ときには遠くを見る。
 ・ドライアイを防ぐために、こまめに点眼する。
 ・PCやスマホのバックグラウンドを暗くしたり、遮断するメガネをかけたり、ブルーライトを浴びる量を制限する(特に子供は要注意)。
 ・いい睡眠をとるために、寝る前はスマホを閲覧しないで、なるべく体をリラックスさせて寝るようにする。

 両先生の話を総合すると、ブルーライトが決して”悪者”という訳ではなく、あくまでも自然光に含まれている光であり、昼間は人間にとって必要な光のようですね。ただ、自然光以外から過剰に浴びて目に負担をかける、夜浴びて体内リズムを崩してしまうなどの注意を払わなければいけないということがよく分かりました。
 楽しく便利なスマホ。多くの注意点を教えてもらったので、今後も体に気をつけて使っていきましょう!

ReduceBlueLight(ブルーライト対策)価格:100円

明るさ調節価格:無料

ライフスタイルの新着記事

> 新着記事をもっとみる

イチ押しアプリ

> アプリ一覧

人気記事ランキング

> 10位までみる

無料アプリ・セール情報

話題のキーワード

連載・まとめ

> 連載・まとめ一覧