産経アプリスタ

ピックアップ

スマホの"鍵"でスムーズな物件内覧/Siriで家電を遠隔操作/ほか
ビジネス

ネクスト製品体験会

スマホの"鍵"でスムーズな物件内覧/Siriで家電を遠隔操作/ほか

 不動産情報サイトHOME’S(ホームズ)を運営するネクストは20日、報道者向けに開発製品の体験会を開催しました。


スマホを鍵にすれば内覧がスムーズに

 

 物件の内覧をスムーズにする「スマート内覧」は、スマートフォンが家の鍵として使えるようになるスマートロック「Akerun(アケルン)」(開発:フォトシンス)を活用した内覧システム。


 スマホの専用アプリから内覧の予約をして管理会社の承認が得られると、その予約した時間の間だけ、そのスマホが物件の鍵として利用できるようになります。管理会社が導入することで、管理会社と仲介会社間で物理的な鍵のやり取りが不要となるので、内覧がスムーズになるといいます。


※デモの動画では設定の都合上、ボタンと鍵の開け閉めが逆になってしまっています。

 システム化により内覧のスケジュール調整が容易となったり、鍵を利用した時間が記録されて管理会社側が内覧状況を確認したりできるようになるのが便利です。

IMG_1899

Akerunはサムターンのあるドアの内側に取り付けます



スマートウォッチで内覧時のチェックポイントを確認

  

 すでに提供中のAndroid Wear対応アプリ「HOMES(ホームズ)-賃貸・マンション・不動産物件検索」では、スマートウォッチから内覧時に確認したいポイントのチェックが可能。心拍センサー搭載端末であれば、心拍数も記録し、「わくわくした」などの内覧時の気持ちを物件比較の参考とすることもできます。

FullSizeRender

 Android Wearから入力した内容はスマホ側にもリアルタイムで反映され、内容を確認できます。

HOMES(ホームズ)-住まい探し-賃貸・不動産賃貸検索

価格:無料/開発:NEXT CO.,LTD

Android版をダウンロード


Siriで家電を操作

 

 iPhoneを使って外出先から家電を操作できるリモコン「IRKit」をさらに活用し、オリジナルのアプリと連携してSiriで家電を操作できるようにしたデモも展示。「Hey Siri 帰ったよ」と話しかけると、照明やテレビ、エアコンをつけてくれます。


 ただしこれは「帰ったよ」という名称のアプリを作り、その”アプリ名”を活用したものであるため、誰でも簡単に設定できるようにするのは難しそうです。


ワクワクする住まい探しができる「すごい天秤」

 

 スマホとは関係ありませんが、インパクトが大きかったのは物件探し装置「すごい天秤」。調べたい駅名を入力し、家賃に見立てた分銅と物件の条件に見立てた分銅を両側の受け皿に乗せることで、天秤が触れる音を立てながら、家賃と物件条件が釣り合う(両方を満たす)物件を探してくれるというもの。

IMG_1904


 検索結果自体はHome’sのアプリなどで検索したものと同じですが、その装置のユニークさは一度は試してみたくなる魅力があります。


 

ビジネスの新着記事

> 新着記事をもっとみる

イチ押しアプリ

> アプリ一覧

人気記事ランキング

> 10位までみる

無料アプリ・セール情報

話題のキーワード

連載・まとめ

> 連載・まとめ一覧