産経アプリスタ

ピックアップ

指先で文字を読む、腕の筋肉でゲーム操作 大学やベンチャーの最新技術が並ぶ
ニュース

CEATEC JAPAN 2015

指先で文字を読む、腕の筋肉でゲーム操作 大学やベンチャーの最新技術が並ぶ

 学術研究機関や開発した技術や、ベンチャー企業が送りだしたサービスが、大きな産業へと発展していく。そんな可能性を見せてくれるのが、千葉市美浜区の幕張メッセで2015年10月7日から10日まで開かれているIT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN2015」に設置されたベンチャー&ユニバーシティエリアだ。

極小のスピーカーから超音波を出して離れた場所に感覚を伝える名古屋工業大学の装置

極小のスピーカーから超音波を出して離れた場所に感覚を伝える名古屋工業大学の装置

 「読む」を読む。そう書かれたボードを掲げて展示を行っていたのが、大阪府立大学、東北大学、九州大学、慶應義塾大学が共同で出していたブース。人の視線を追うセンサーが取り付けられたモニターに向かい、映し出された文字を読んでいくと、どこを見たかがトラッキングされて表示され、どれだけのワードを読んだかが、集中の度合いも含めて表示される。どういった文章が読まれやすいのかを調べたり、どこまで読まれたかを把握したりといった作業を通して、学習支援などに展開していける。

視線の先を検知しどの文字をどれだけ読んだかを記録していくシステム

視線の先を検知しどの文字をどれだけ読んだかを記録していくシステム

 同じブースにあったのが「指先で文字を読む」という技術。指先にカメラを仕込んだ装置を手に着け、薬剤師へと送られてくる処方箋に書かれた薬の名前を読み取って記憶。それから実際の薬の箱に指先を向けると、処方箋に書いてなかった薬では赤い光が点灯して間違いを教えてくれる。調剤の現場でのミスを防ぐ補助的な装置として使えそう。アンダーラインを引く代わりに指先で文字をなぞって記録していく使い方や、翻訳エンジン、音声変換エンジンを組み込み、その場で翻訳や読み上げなどを行う使い方もできそうだ。

指先に取り付けたカメラで処方箋に書かれた薬の名前を読み取る

指先に取り付けたカメラで処方箋に書かれた薬の名前を読み取る

読み取ったものと違う薬を指さすと赤ランプがつき間違いを知らせる

読み取ったものと違う薬を指さすと赤ランプがつき間違いを知らせる

 差し出された人形の手に張り付けられているのは薄いフィルムのようなデバイス。手を握ると自分の手のひらの暖かさが、フィルムを通して別の場所にいる人へと伝えられる。そしてその人の手のひらの温もりが、人形の手を握っている人へと戻ってくる。

手の温もりを伝え合えるサーモフィルム

手の温もりを伝え合えるサーモフィルム

 慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科の桂誠一郎准教授らが出展していた「サーモフィルム」は、温熱感覚をやりとりできるようにするデバイス。離れた場所からロボットの手を操作する仕掛けや、ラケットが受けたボールの衝撃を離れた場所にある別のラケットでも感じられるようにする仕掛けなどが作られてきた。温度がやりとりできるようになれば、より人間らしさを含んだ遠隔地からの福祉サービスも可能になるかもしれない。

 岐阜県大垣市に拠点を置いて、テクノロジーを使ったスタイリッシュなサービスを実現しているGOCCO.も出展。スマートフォンやタブレットの画面に特殊な印刷が施されたプレートを置くと、対応するコンテンツが現れるという「PIT System」は、さまざまなプロモーションに活用できそう。画面上の任意の部分に複数の指先で触れてコンテンツを呼び出す機能を、指の代わりに印刷の中にポイントを作ることで実現した。

印刷物を画面に置くと任意の情報が表示される「PIT System」

印刷物を画面に置くと任意の情報が表示される「PIT System」

 GOCCO.はまた、ランプの光の中にIDを仕込んでおき、この光を受けたスマートフォンやタブレットにIDと関連づけられたコンテンツを表示する「LIT System」も出展していた。イベント会場に取り付けられた光源からの光を受けると、マッチしたサイトやサービスが現れるような仕掛けに使えそう。1対1でなく、大勢が光源の下に集まって同じサービスを受けられるのも便利だ。

光の中にIDが仕込まれスマホやタブレットに任意の情報を表示させる「LIT System」

光の中にIDが仕込まれスマホやタブレットに任意の情報を表示させる「LIT System」

 財布やカメラ、パソコンやスマートフォン。大切だが落としやすいこれらのものに、あらかじめタグを付けておくだけで、どこにあるかをスマートフォンから把握できるシステムが、落とし物ドットコムの「MAMORIO」。タグを付けた物を電車や店に置き忘れてしまったような場合、すぐに手元から離れたことをスマートフォンに通知してくれる。最後に物があった場所を地図上で確認できるため、探す際にも役立ちそう。

タグを取り付けた物を落とすとスマホに連絡が届く「MAMORIO」

タグを取り付けた物を落とすとスマホに連絡が届く「MAMORIO」

 どこに行ってしまったか分からなくなってしまった時も、「MAMORIO」のユーザー間でタグの情報を共有することで、落とし物の近くを別のユーザーが通れば、落とし主に連絡がいくようになっている。よく物を落としたり、置き忘れたりするような人にはありがたいサービスだ。

 H2Lの「UnlimitedHand」は、腕に巻いたデバイスで筋肉の動きを読み取り、ゲームをコントロールする触感型ゲームコントローラ。腕を伸ばして指を曲げると、ゲーム内の銃が発射され、その衝撃が腕にフィードバックされる。腕の振りや指の曲げ伸ばしなどを、ゲーム内でのどういった動きに反映させるかで、直感的な操作によるゲームプレーを楽しめるようになりそう。製品化やゲームへの導入が期待される。

H2Lの「UnlimitedHand」は触感型ゲームコントローラ

H2Lの「UnlimitedHand」は触感型ゲームコントローラ

腕に巻いたデバイスが筋肉の動きを読み取りゲームに伝える

腕に巻いたデバイスが筋肉の動きを読み取りゲームに伝える

ニュースの新着記事

> 新着記事をもっとみる

イチ押しアプリ

> アプリ一覧

人気記事ランキング

> 10位までみる

無料アプリ・セール情報

話題のキーワード

連載・まとめ

> 連載・まとめ一覧