産経アプリスタ

ピックアップ

ITイベントで「アプリ講演会」しちゃいました!
エンタメ

小川麻琴のアプリダイアリー

ITイベントで「アプリ講演会」しちゃいました!

ogawa1211_02
iSUC仙台大会で講演する小川麻琴さん

 皆さんこんにちは、小川麻琴です!

 もう、すっかり冬ですね。

 さて「小川麻琴のアプリダイアリー」も、今回で早くも4回目。

 今回は、前回の更新でもチラッとお話をした「第23回iSUC仙台大会」で、私が登壇した講演会について書こうと思います!

 iSUC(アイザック:Intermediate Systems User’s Conference:中小型システムユーザーコンファレンス)とは、IBM社のシステムを利用する企業が、毎年、全国から集まり、研究発表や情報交換などを行う大規模なイベントです。

 1990年から毎年開催され、1000名を超えるIT業界の専門家のみなさんが熱い議論をかわしているそうです。今年の仙台大会も大変に盛り上がっていました。

大学の講義から、IT企業の方々への講演会に

 そんなIT専門業界の大きなイベントに私・小川麻琴が「次世代メディアとしてのスマートフォン・アプリ」と題した講演会に呼ばれてしまってわけです(汗)

 今年、東洋大学の授業で講師を務めさせて頂きましたが、そのことが新聞やネットニュースなどでちょっと話題にして頂きました。

 その記事をiSUC仙台大会の運営スタッフの方が見てくださり、私の「アプリ講義」に興味を持ってくださり、今回の講演会の講師としてお声をかけて頂きました。

IT専門家の前で「小川麻琴のIT講演」?!

 まさか自分が、そんなITの専門的な大会(しかも講演会の講師!)に呼んでもらえるなんて思ってもいなかったので、初めにお話を頂いた時は本当にビックリしました。

 小川麻琴がIBM関連のIT大会で講演会・・・・人生何が起こるか分からないですね(笑)

 もちろん、運営者や出展企業・登壇者はもとより、お客さんも含めて、iSUCの会場にいるみなさんは、「全員専門家」です(汗)

 そんな状況の中で、そんな皆さんを前に、私が「講演会の講師」などという大役を務められるのか?!は不安でしたが、せっかく頂いた貴重なチャンス!ということで、頑張ってみようと思い講演会をやらせて頂くことにしました。

 出演が決まってすぐに、大学の講義でもお世話になった東洋大学准教授の藤本貴之先生にご相談し、講演会をサポートして頂くことになりました。

講演コンセプトは「わたしたちの世代が求めているアプリ!」

 さて、さっそく藤本先生に色々と相談に乗ってもらったのですが。。。。

 東洋大学の授業で講師をした時とは違って、今回講演を聞きに来てくださる方は、みなさんIT企業関係者の専門家の方ばかりです。

 なまじっかな付け焼き刃は通用しませんし、それ以前に、私が語れることなんて、IT企業の方であれば、当たり前に知っている事ばかりだろうし。。。ですが、せっかく足を運んでくれたんだから、「来てよかった!」と思って頂きたいですよね。

 IT企業の専門家の方たちにも有益で、新鮮に感じてくれる「アプリの話題」・・・・。

 本当に内容に困りました。

 悩んだ結果、私の到達した今回のコンセプトは・・・

「私達世代の子達は、こんなアプリを求めている!」
「若い女性の目線でアプリ開発をした経験や着眼点を、小川麻琴の視線で素直に語る!」

 これを、私なりの目線で考え・伝える内容とすることに決めました。

 もちろん、来場している方々は「小川麻琴」について何もしらない方も多いはず。

 ですから「タレント・小川麻琴の個人的な意見」だけでは、満足をしてくれるとは思いません。信憑性や説得力にも欠けますし(>_<)

 そこで、現在、私が藤本先生と続けている「大学生を対象にしたスマートフォン・アプリの利用実態調査」の途中経過の集計の結果から、「若い世代が本当に求めているアプリ」を分析して、それに小川麻琴なりの目線を加えてお話をすることになりました。

いよいよiSUC講演会当日!

ogawa1211_01
iSUC仙台大会で講演する小川麻琴さん

 11月8日の公演当日は、早朝に新幹線で仙台に向かったのですが、その道中ずっと藤本さんにお付き合い頂き、講演の最終リハーサルをしておりました(汗)

 もちろん、数日前から打ち合わせやリハーサルはやっていましたが、ギリギリまで確認しないと不安だし、落ち着かなくて(笑)

 10時過ぎに、会場となる仙台サンプラザホテルに到着し、会場入りし、まず公演をやらせて頂くホールを実際に見にいったのですが・・・思っていた以上の会場の大きさ、ステージの広さに驚きました。

 スクリーンも、とても大きくて一気に緊張してしまいました。。。

 もちろん、すぐに楽屋に戻り、また最終チェック(笑)

 そんなこんなで、なんとか気持ちを落ち着けて、いよいよ講演会に臨みます。

 ありがたいことに満員御礼!状態の会場で、講演スタート!

 まずはお約束の自己紹介から始まるわけですが、コンサートで挨拶するの時とは、もちろん雰囲気も状況も、そして何よりもお客さが全く違うので、何かに戸惑う自分がいました(笑)

 「小川麻琴のベーグルなび」のPRもばっちりやらせてもらいましたよ。

 そして、サポート役の藤本先生を呼び込み、本題『次世代メディアとしてのスマートフォン・アプリ〜わたしたちをロック!するアプリとは?〜』スタートです!!

講演がスタート!「若者をロック!するアプリ」とはいかに。

ogawa1211_03
iSUC仙台大会で講演する小川麻琴さん

 まずは、スマートフォンの普及率、出荷台数の推移など現状を最新の資料を提示しつつ説明。

 スマホ・アプリの市場についてもスクリーンでグラフなどを使いながら、レクチャー、レクチャー・・・。

 このあたりは、大学での講義と同じような感覚だったので、慣れていることもあり、ちょっと気が楽でした。

 そして、いよいよ今回のメインテーマである、オリジナルのアンケート調査結果の中間報告とその分析です。

 今回はスマートフォン・アプリの利用実態および要望に関して、現段階で大学生から収集したアンケート475人の結果をまとめました。

 このアンケートは、WEBアンケートや街角での無作為アンケート・・・といった方法ではなく、授業の時間を利用して、学生のみなさんから真剣に回答してもらった内容なので、データは他の調査などよりも、信憑性やリアリティは高いと思っています。

 私が講義を担当した授業では200人分ほど集めましたが、もちろん、回答中は教室内を巡回して真剣に回答するように無言の圧迫(笑)

 さて、アンケートの集計結果を色々と提示しつつ、現在の大学生の利用実態や利用動向を紹介。

 意外と世間で公表されている社会調査データとの違いもあったりして、新鮮に思ってくれた人もいたようです。

 もちろん、「今の大学生はこんなアプリをよく利用していて、こんなアプリを求めています」というお話は、自分自身の経験や状況、私見などをふまえて熱弁。

 ちなみにアンケート調査の結果では、大学生が良く利用する上位3位は「Twittre」「LINE」「ゲーム類」だったのですが、まさに私もよく利用するアプリばかりです。

 私は、世代的には大学生と近いので、調査の結果とドンピシャですね(笑)

iSUC講演会、無事終了!

 今回の講演会は、30分間という短い時間ではありましたが、沢山の方に集まっていただけて、本当に感謝です!

 こんなに多くのIT企業の方々の前で私が「ITのお話」をするなんて、自分でも予想外でしたが、なんとか乗り切ることができました。

 現在、私が取り組んでいるアプリの開発や調査なども色々とご紹介できたので、少しでも来場頂いた企業の皆さんの参考になったら幸いです。

 このような貴重な機会を与えて下さったiSUC関係者の皆さんには感謝しています。

 ありがとうございました!

小川麻琴プロデュース・アプリ第二弾、始動開始!

 iSUC講演会の時にもちょっとふれたのですが、実は、現在、私は「小川麻琴第二弾プロデュースアプリ」の検討を開始しています。

 第一弾である「ベーグルなび!」は私の個人的な趣味を全開したアプリでしたが、第二弾では、これまでのいろいろな調査結果などをふまえて、「若者をロック!するアプリ」を目指したいと考えています。

 今後はそういったお話をこの「アプリダイアリー」の中でも展開させていけたらなと考えています。

 要チェックですよ!!

 もちろん、ご意見、ご要望、ご提案などもドシドシお寄せください。

小川麻琴(おがわ・まこと)
 タレント。モーニング娘。5期メンバーとして活躍し、2006年に卒業。ニュージーランドへ語学留学後、2011年には他のモーニング娘。のOG9名でドリームモーニング娘。を結成。2012年、ドリームモーニング娘。の活動休止に伴い、再びソロ活動を開始。現在は舞台、テレビ、ラジオ、大学講師など幅広く活躍中。1987年10月29日生まれの25歳。出身地は新潟県。O型。

バックナンバー

関連情報

ベーグルなび価格:無料

エンタメの新着記事

> 新着記事をもっとみる

イチ押しアプリ

> アプリ一覧

人気記事ランキング

> 10位までみる

無料アプリ・セール情報

話題のキーワード

連載・まとめ

> 連載・まとめ一覧